声の短問短答50


「仰向けの状態から起き上がろうとすると喉頭の辺りから『クッ』と音がします。何か喉に問題があるのでしょうか?」

まず、基本的な事実ですが、甲状軟骨(および舌骨)は中空に浮いています。
他の骨との連続性を持たず、主に茎突咽頭筋と茎突舌骨筋によって吊り下げられている。
したがって『動く自由がある』のが特徴。
次に、仰向けで寝た場合、甲状軟骨の重み〔自重〕によって、頚椎方向に移動しやすくなります。
元々、LDP (喉頭深奥ポジション)の癖があるひとは、仰臥位によってさらに深くなり、咽頭収縮筋などを介在して頚椎前面との圧による雑音が生じます。
きっと、この音ではないかと思います。
通常は病気とは認識しないため問題ありませんが、痛みを伴ったり発声や嚥下・摂食が不具合であったりする場合は、専門機関での詳しい検査をお薦めします。

e0146240_70679.jpg





※声の短問短答の詳細※




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。
by aida-voice | 2012-08-13 04:58