声の短問短答28


「声帯は必ず左右対称ですか?」

いいえ、ヒトの声帯は、厳密には非対称です。
そう、手足の長さが違うように。
声帯ヒダの長さ、厚さ、声帯筋の筋線維の本数、声帯粘膜の水分含有率、声帯靭帯の太さなどなど。
ただし、生まれつきの奇形や疾患による病変がない限り、声に大きな影響は与えないと考えます。
足の長さが5ミリ違っても、歩けなくなったり走れなくなったりしませんよね。
正常範囲の左右差は、それほど気にする必要はないと思いますよ。


追記1:以前、喉頭捻転によって、歌唱時、ホールの右側で聴くひとと左側で聴くひとの聞こえ方が違うオペラ歌手のケースを扱ったことがあります。声帯は音源ゆえ、左右差による音の変化率は少ないのですが、共鳴腔は音を加工する場所ですから、少しの違いが繊細な歌唱に影響を与えるようです。甲状軟骨が捻転すると、懸垂機構の Tension が乱れて音色の変動が大きくなることを把握しています。


追記2:左右非対称になって声に影響する病気は、ポリープ、声帯萎縮、声帯溝症、反回神経麻痺による声帯筋の廃用性萎縮が挙げられます。もちろん片側病変です。


※声の短問短答の詳細※
by aida-voice | 2012-08-07 19:50