航空声帯を防ぐチョキ開大運動


Past Article Reorganization 

海外でも活躍中の歌手Mさんとの会話です。

Mさん:「香港のLIVEは大変でした。飛行機は遅れ、ほぼ日帰りツアーのようなハードスケジュール。本番で高音が出しにくく、苦労しました・・・」

會田:「お疲れ様でした。ステキな声を奏でるエリートボイスユーザーのMさんでも、海外公演は大変なのですね。それでは、何が起こったか解説しましょう」

Mさん:「お願いします」

會田:「長時間、飛行機に乗って降りるとき、手足がむくんでいるのに気づきましたか?」

Mさん「はい、機内で脱いでいた靴を履くとき、足が入らなくて苦労しました」

會田「むくみは皮下の軟部組織に水分が滞って貯留してしまう現象で、飛行機の場合、①同じ姿勢による循環機能低下、②機内の気圧の低下、が主な原因と考えます。むくみは手足に感じやすいのですが、実は、声帯にも起こっているのです。声帯がむくむと、質量(重さ)も厚みも増します。その結果、振動率が悪くなり、通常より低音化が顕著となります。もう少し詳しく解説すると、声帯筋よりも声帯粘膜の水分含有率が高まります。つまり声帯粘膜が肥厚する。分厚くなる。こうして高音、とくに裏声(ファルセット)発声が不可能になります。地声で高音を作っていかなければならなくなり、歌唱力のある方でも、かなり辛くなります。また、声門が開くため、そこから息が漏れ、かすれ声やガラガラ声になってきます。これを、是正するのにも多大なパワーが要ります。どちらにせよ、声帯のむくみは良くありません。Mさんが、今回の香港LAIVEで、高音が出しにくく感じたのは、このような理由だったのです。なお、このような声になることを、わたしは 『航空声帯』 と呼んでいます」

Mさん:「よくわかりました。ところで、むくみを予防したり良くしたりする方法はありませんか?」

會田:「まず、機内でも身体や手足をよく動かしてください。そして、ここからが声に特化した方法です。むくんでしまった声帯を、早く正常に戻すには、血流を良くするのが得策です。声帯に最も影響を与える動脈および静脈は、上喉頭動脈と上喉頭静脈です。これは、舌骨甲状軟骨間の骨間膜の孔から内喉頭に入ります。これまで頻繁に話題にしている LDP (喉頭深奥ポジション)の状態にあるひとは、舌骨甲状軟骨間が狭くなってるため、この上喉頭動脈と上喉頭静脈を圧迫し、血流を阻害します。中でも静脈は血管内圧が低いため、狭小化に伴い血液循環量が減ってしまい、むくみを増悪させます。そこで、フライト中、数時間おきにチョキ開大運動を行えば、血流が増加し、むくみは解消します。加えて予防もできます。実際、イタリアでコンクールに出場したオペラ歌手に試してもらったところ、随分効果があったとの報告をいただきました。乗っている時間・高度・飛行機の機種・体調・個人差はありますが、是非、お試しください。Mさんの、さらなるご活躍を祈っておりますよ」

Mさん:「ありがとうございました!」

e0146240_074425.jpg








追記チョキ開大運動によって、内喉頭への血流が瞬時に増えるため、声を出さないウォーミングアップに最適です。準備発声ができない環境(本番前の共同楽屋など)で大いに役立つでしょう。

e0146240_022138.jpg




 
by aida-voice | 2016-03-03 00:12