赤飯さんの 「ミックスボイス体操」 おもしろ動画


今日は赤飯さんのご協力をいただいて、ミックスボイス体操の動画を撮りました。









以下が、解説した大まかな文言です。
歌唱時のミックボイスを獲得する体操、つまり、フィジカルトレーニング。
人差し指と中指の指腹(しふく)を、軽く甲状軟骨縁の片側にあてます。
5ミリほど反対側にスライドさせます。
すると反転傾向を示しながら浮き上がる瞬間があります。
そこに指腹を引っ掛けるようにしながら、軽く前方に引き出します。
その状態を維持したまま、低音~高音~低音まで流れる声を出してください。
音量は小さく、発声時間は5秒程度、発声語は「あ」で喉の奥は「い」の形、1オクターブ程度の簡易な発声でOKです。
決して無理せず、できる範囲で構いません。
発声後、ゆっくり息を吸ってください。
これも5秒かけて。
絶対に切れ切れに吸い込まず、つなげてくださいね。
次に、反対からもアプローチしてください。
これを毎日左右10回。
ほんの5分ほどで、ミックスボイスのための声帯筋トレーニングが可能です。
なお、ミックスボイス体操は、自己責任で行ってください。
適切な強さや正確な方法で行わなければ、効果がなかったり、事故を起こしたりします。
喉ニュースや動画の各方法を試し、ケガをしても当サロンは一切の責任を負いません。
とくに、喉頭の筋肉が硬かったり、これは筋硬度20トーン以上、LDP(喉頭が深い位置にあるひと)の 状態だったりするひとは、このミックスボイス体操は難しいと考えます。
やはり、適切なポジション、かつ、喉頭筋の柔軟性と運動性能が要求されます。
正しく行えば、メチャメチャ効きます!
是非、お試しください。
今日は、赤飯さん、ありがとうございました。




収録時、赤飯さんが予定外の面白い行動を取り、笑いをこらえるのに必死で、言葉の不明瞭な部分があることをお詫び申し上げます。赤飯さんのファニー・アドリブがサイコーなので一発収録OKとしました。會田







追記1:声帯筋エクササイズは自己責任で行ってください。何度も書いていますが、適切な強さや正確な方法で行わなければ、事故を起こしたり効果がなかったりします。、喉ニュースに記載の各方法を試し、ケガをしても当サロンは一切の責任を負いません。(実際、これまでも、力づくや無茶をして、喉頭筋断裂や反回神経麻痺の報告をいただいています)
by aida-voice | 2012-05-04 00:08