震災後の声の不調・・・ その後


あれから1年・・・
東日本大震災後に声が出難くなった方を多く診てきました。
被災地はいまだに苦労いっぱいでしょうが、一日も早い復旧を願うばかりです。
それは、発声困難者にとっても同じ。
去年の3月・4月は「喉が詰まる」「声を出すのが苦しい」「津波の映像を見ると咽る」などありました。
それでも、綿密なアプローチを施すと、それらの状態は緩和され、震災が原因と考えられるLDPや過緊張性発声障害は、夏以降は少なくなりました。
本当に良かったですね。
身体的・精神的に、震災の苦しみはまだまだ続くと思いますが乗り切ってください。
心から懇願してやみません。

e0146240_1631349.jpg







追記:震災から一年経った今日この頃、再び地震が活発化している感があります。首都直下型大地震の話題も持ちきり。上記のように喉が詰まる症状は治まったものの、グラッとくると、いまだに喉が締めつけられる方もおおぜいいます。施術中にお教えした体勢(2パターン)と深呼吸を忘れずに・・・
by aida-voice | 2012-03-11 14:00