声帯結節の根本


歌手&ボイスアドバイザーのM.Tさんからの投稿文です。
文章から、声帯結節は、喉頭環境を整えることで予防や再発を阻止できることがわかりますね。
M.Tさんの、ますますのご活躍をお祈りしております。




 自分の楽器でありながら、構造もコント
ロール、メンテナンスの方法も知らず、長
年の自己流がたたり、歌うたびに楽器を壊
し続けていました。そんな壊れかけた楽器
を救ってくださったのが、ボイスケアサロ
ンの會田先生です。5回以上の結節の原因
をつきとめてくださり、説明してくださっ
た時には、涙が出そうになりました。これ
で不安なく歌うことができるようになる、
その安心感だけでも喉のしめつけが軽減さ
れるような気持ちになりました。約2年間
定期的に施術していただき、ボイスケアキ
ャンディも併用しながら、今ではライブ後
の喉の重さや声枯れもなく安心して歌って
います。昨年秋には12日間で8本のライ
ブを行いましたが、お客様にも喜んでいた
だきやり遂げることができ自信がつきまし
た。先生のブログやサロンでお話から勉強
させていただき、よい声を出すためのメカ
ニズムを理解し、満足いく歌が歌えるよう
にと日々、努力していく所存です。







追記:声帯結節の根本原因は、喉頭周辺筋の硬さにあると考えます。繰り返し罹患するボイスユーザーを数多く検査および調査してわかってきました。グライディングテストでクリック音陽性、LDP (喉頭深奥ポジション)、甲状軟骨板上筋群の筋硬度20Tone以上の場合は、声帯結節ができやすい状態にあります。より良いボイスライフを満喫していただくためにも、喉頭の整備(ⅰ柔軟性の獲得、ⅱ筋運動性能の向上)は不可欠ですよね。そう、整備不良の楽器で演奏するプレーヤーなんていません。一流の演奏家ほど、楽器の質にこだわります。声も同じ・・・




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2012-03-12 01:25