もっと呼吸を研究したい


いま、外喉頭(喉・声)はもちろん、呼吸の研究にも熱を入れています。
e0146240_11465569.jpg

呼吸は・・・
●鰓(エラ)呼吸から肺呼吸に進化した際の意図と欠点を見つける
●発声手法で呼吸の形態が変化する様子を詳細に調べる
●微小重力実験飛行で無重力時の呼吸筋と胸郭の運動関係の観察
●呼吸関連組織の人体解剖
●運動と筋ベクトルと呼吸(量や速度)を相対的に調査する
●デジタルモアレとサーモグラフィーを融合させた胸郭運動と発熱を計測
などなど。
ヤル気と時間は確保できるのですが、実験機器や環境整備に多額の資金が必要となります。
いつも、ここがネックとなって正確かつ迅速な研究が困難になる。
微小重力実験飛行なんて、飛行機レンタルだけで、いったい何百万円(何千万円)かかるのだろう???
もちろん各種計測機器のレンタル料も。
実験資金を少しでも捻出するため、昨夏から低賃金の小さく古い賃貸マンションに引っ越しました。
この物件は、天井や壁の厚さが薄いため、上階や隣からの騒音がひどくて困っています(苦笑)
しかし、騒音を苦痛だけで終わらせてはいません。
その騒音を計測かつ実験し、面白い結果も得ました。
そう、騒音も、れっきとした音。
騒音を出すのは人間であり、音に責任はありません!
すべてが勉強ですね。
まあ、出来るところから少しずつがんばります。


e0146240_1132234.jpg









追記1:ときどき、当サイトの写真や絵が無断で使用されています。一生懸命に描いたり撮影したり購入したり、時間と費用がかかっています。どうか無断使用はおやめください!







追記:「がんばり過ぎじゃないか?」「寝る時間あるの?」「身体(持病:めまいと甲状腺腫瘍)は大丈夫?」など、みんな心配してくださいますが、わたしは音声が大好きですから、ご心配なく。喉と声と音に携わっているときが至福なのです。
by aida-voice | 2012-01-19 11:50