くしゃみ論


先日、あるTV局から「正しいくしゃみの仕方」の番組出演の依頼がありました。
期日が決まった生放送で、残念ながら、その日は講義が入っていたため、出演をお断りしました。
喉ニュース2009年3月3日の記事を読んでの依頼だそうです。
その後、くしゃみに関しては実験や調査を繰り返したことがあります。
まとめには至っていませんが、せっかくですから概要だけでもお伝えしておきましょう。
まず、根本は2009年3月3日 『くしゃみの仕方』 の記事と変わりありません。(もう一度、詳しく読んでね!)
くしゃみを前もって感じ取り、コントロールできれば、声帯や外喉頭の筋肉に負担をかけずにすみます。
それでは、具体的な一法。
くしゃみの前には必ず息を吸い込みます。
そのときの肺への流入量が多ければ多いほど、くしゃみとして吐き出す呼気量も速度も増します。
したがって、「ハ、ハ、ハクション!」のときの最初の「ハ」で息を吸い込みすぎないこと。
それには、くしゃみの始まりで、唇をギュッとすぼめてみるのも良いでしょう。
そして、ゆっくりとした動作を心がける。
「クション!」を小さくする。
そして、余韻を残しす。
つまり「ション」を「ション、ション、ション」と繰り返しながら小さくしていきます。
そう、フェードアウトさせるのです。
いかに少なく吸って、優しく吐き出すか。
ここに気を付けること。
こうすれば、喉への悪影響を最小限にできます。


e0146240_1324557.jpg








追記1:くしゃみの仕方や体勢によっては、外喉頭部・頚部・腰背部を傷めるケースもありますので、この点もご注意ください。





追記2:くしゃみアンケートを行ったことがあります。これも、まとめができていないため、棚上げ状態ですが、面白い結果の一部を抜粋紹介しておきましょう。
●他人のくしゃみが嫌い 15人/20人中 〔自分のくしゃみは許せても、赤の他人のくしゃみは騒音や不衛生と感じるのでしょうかね〕
●くしゃみに男らしさや女らしさを感じるかどうかの問いに対して、男性は女性の小さくかわいらしいくしゃみに好感度を持ち、女性は男性の豪快なくしゃみに「おやじ!」や「うるさい!」と感じるひとが多い。
●くしゃみを連発すると「風邪かも!?」と気になる 12人/20人中 〔くしゃみと風邪は関係していると感じているひとが多いのですね〕





追記3:とても重要なポイントなのですが、熟睡中にくしゃみはしませんよね。なぜだか、あなたはわかりますか?
by aida-voice | 2012-01-11 13:28