三大ビッグ・インフォメーション


重要なお知らせです。
3つあります。


e0146240_2352411.jpg



進化の報告と商品の改名
施術内容と商品が進化します。
喉の小さな筋肉を触診し、「何が不都合で、声が出にくいのか?」「高音発声にかかせない輪状甲状筋は、正しく動いているのか?」「豊かな声に必須の咽頭共鳴腔は存在しているのか?」を瞬時に見極める能力が、さらに向上しました。
毎日、毎日、解剖書籍とにらめっこ。
毎日、毎日、微小かつ柔らかいものを判別する触覚のトレーニング。
毎日、毎日、海外で喉頭解剖したときのビデオや、発声時の喉頭動画を見て検証。
加えて、呼吸法にも精通してきました。
声の原動力となる呼吸は、本当に大切ですよ。
これらの結果、科学とイメージを結ぶ法則もわかってきました。
そして、当サロンの商品も進化します。
新しいヒアルロン酸の精度が高まり、長時間の潤いを維持できるようになります。
そう、より効果が高い新商品へとなります。
発売は3月の予定。
それに伴い、ボイスケアサロン謹製の『声飴』と商品名を改名します。〔予定〕


ボイスケア研究所の設立と施術スケジュールの改変
ますます進化させ、皆さまに還元するために、わたしはもっともっと研究しなければと考えています。
実際、研究の日々は、わたしの極上の喜びなのです。
このため、4月にボイスケア研究所を新設することとなりました。
場所は静岡県の某所。
音環境に適した静かな場所を選びました。(大音量も長時間の発声も小さな音の録音にも最適)
ひと月の10~14日ほど連続して長大な研究を行います。
以前、お伝えしたように、個人機関ゆえ国や医療団体からの補助がありません。
すべて自分のお金です。
とっても厳しい台所事情ですが、今回は、すべての自己資金(多額の借金を含む)を投入して設備を構築します。
きっと、素晴らしい喉と声の研究ができるものと、楽しみにしております。
4月からは施療日と施療時間が変わります。
大きな変化は、施療日が月によって変則すること。
詳しくはホームページのカレンダーでご確認ください。
ただし、ひと月の施療の枠数は若干増やしますので、これ以上に予約が取り難くなることはありません。
この点もご心配なく。


冬の新施療に関して

この冬のテーマは・・・ 1 / f の声
そよ風、さざ波、小川のせせらぎ、ろうそくの炎、星の煌めき。蛍の光など、ひとが心地よいと感じるランダムな波動です。
そう、声にも存在します。
うっとりするような歌声や、魅力ある声には、必ず 『1 / f のゆらぎ』 成分が含まれています。
今回は、1 / f の声を獲得するための特別施療を行います。
さあ、あなたも極上の発声を成し得てください。
最新研究の集大成の披露。
ご期待くださいませ。

ボイスケアサロン
會田茂樹

◎施術の内容は変更する場合もありますので、その際はご了承ください。








追記:現在の研究チームの検証により、 『1 / f のゆらぎ』 は、相当の効果が期待できます。あなたも聴くひとの魂を揺さぶる声を求めてください。ただし、獲得には個人差があることも付記しておきます。
by aida-voice | 2012-01-03 11:34