声帯には問題ないのに、歌うと息漏れする理由


Past Article Reorganization

しゃべっているときは問題ないのに、歌いだすと、かすれたり息もれしたりするひとが結構いらっしゃいます。
耳鼻科咽喉科での検査は異常なし。
理由は?
LDPにより、披裂軟骨が頚椎前面部からの圧を受けて回転し、声門が開きやすくなるから。

下は検証実験の様子を作画したもの。
e0146240_16485131.jpg
黒矢印が深奥力、赤矢印が頚椎からの圧迫、青矢印が声帯開力ですね。
次に、その模式図も供覧しましょう。
e0146240_19301764.jpg

このLDPを改善すれば、息漏れはなくなります。
優秀な耳鼻咽喉科で診てもらっても声帯ヒダには問題ないが、歌うと息漏れする場合は、ボイスケアサロンで喉頭の状態を詳しく検査してみましょう。

e0146240_123496.jpg




追記1:練習のときは大丈夫でも、オーディションや収録などの本番になると嗄声になるひとが多く見受けられます。これも過緊張により、発声関与筋の収縮ベクトルが頚椎方向にあるため過緊張性LDPを作り出し、無意識化で声帯ヒダが開き、呼気が漏れ出てしまうからです。



追記2:息漏れといっても、耳の良いひとやマイク収録でないとわからない極微のものが多くあります。自分の声は、下顎骨の骨伝導を主として聴覚しているため、耳の良い他者にチェックしてもらいましょう!



 
by aida-voice | 2016-04-05 16:32