良い声は歌唱テクニックを凌駕する!?


Past Article Reorganization 


『声が良い』と『歌が上手い』 


どっちが評価を得やすいか?

実験しました。
ある声使いのうまい歌手に・・・
①声色を良く・声量を豊かにして、わざとへたに歌を歌う
②声色を悪く・声を小さくして、うまく歌を歌う
同じ楽曲です。
数名に聴いてもらい「あなたは、どちらが魅力的に感じましたか?」と問うたところ、7:3の割合で①を選びました。
そういえば、海外TVショーのオーディション番組からデビューしたスーザン・ボイルさんやポール・ポッツさんは、どちらかと言えば、最初は歌のうまさよりも、圧倒的な声の良さが評価されたような気がしてなりません。
以前もお伝えしましたが、ひとは声の印象によって、その声の持ち主の人柄までも、一瞬にして決めてしまう傾向があります。
したがって、たとえ歌のテクニックがなくとも、声が良いだけで「あぁ、純粋で良いひとそう。いずれ歌もうまくなるでしょうから、応援したいわ」と好意的に感じることもあるでしょう。
逆だと、「ふぅむ、小手先のテクニックだけに頼っている気がする。小さくまとまり過ぎて、つまらないわ」など、好印象を与えにくくなる可能性もあります。
そう、聴く側は、あんがい身勝手。
もちろん、声が良くて、なおかつ、歌唱テクニックがあれば、最高なのでしょうが・・・
あなたの声は、どっちですか?


e0146240_11303030.jpg
「声の第一印象は大切よ!」
 




 
by aida-voice | 2016-04-06 00:23