間違わないで!《輪状甲状関節の動き》


Past Article Reorganization

e0146240_2052082.jpg


あなたは輪状甲状関節の動きを勘違いしていませんか?
輪状甲状関節の動きによって、高音を出したり声を張ったりすることはご存じでしょう。
発声に関する多くの本には、輪状軟骨が下に倒れ込んでいく図が描かれています。
しかし、これは間違い。
本来は、輪状甲状筋の垂部の動きによって、輪状軟骨が上へ移動するのです。
これが正解。
しかし、甲状軟骨と舌骨は茎突咽頭筋〔A〕と茎突舌骨筋〔B〕によって吊り下げられています。(最下絵を参照)
したがって、この軟部組織(筋肉)の伸びによって、甲状軟骨もほんの少しだけ下方移動することも予想されます。
発声の書籍で『高音発声時は甲状軟骨が下がる』趣旨の図が描かれていたら、それは間違いであることに注意して読み進めてくださいね。
声帯は粘膜と筋肉から成っています。
金属や木片で作られているのではありません。
喉の中に機械は入っていません。
妖精もいません。
これが真実です。
真実から目をそむけないで・・・


誤った動き
e0146240_22101648.jpg


理論的に正しい動き
e0146240_22103062.jpg



本当の動き
e0146240_22104357.jpg

※各絵は動きの様子をわかりやすくするため輪状軟骨関節窩近辺を省いて描きました※




追記:~輪状甲状関節および輪状甲状筋に関する触診検証~
甲状軟骨および輪状軟骨を正面とし左指で甲状軟骨外端を持ち、右指を輪状軟骨下部から入れ、上絵は最大に広げ、下絵は最も縮めて、その際の関節の位置・動き具合・声帯の伸縮を調べている様子を作画したもの。青丸:輪状甲状関節の可動範囲 緑矢印曲線:動きの軌跡 赤点:喉頭隆起(のどぼとけ)
e0146240_16291287.jpg
e0146240_16292396.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2016-02-06 22:24