60秒でアップ完了 簡単ストレッチ 〔協力:JOY君〕


歌う前にの60秒で喉頭周辺筋の動きを良くします。

今回もJOY君にご協力いただきました。

実際は、もっと精密なストレッチが望ましいのですが
時間がないときや急な本番では便利。

両手首を合わせてVを作ります。

それを頚前部にそっと当てます。
e0146240_1549795.jpg

手首を固定したまま、ゆっくり右(左)を向きます。
e0146240_15492219.jpg

30秒間。

続いて左(右)を30秒。

これで完了です。

決して押さえつけたり首を絞めたりしてはいけません。

ポイントは、喉周りの筋肉が伸ばされている感覚を得ること。

ご利用ください。








追記1:さらに進化させて・・・
このストレッチをしながら次の行動をやってみよう。
★口を閉じたまま、無音で一曲歌う、または、好きな詩を朗読する★
ポイントとして、口を閉じたまま声(音)は出さず
喉頭周辺の筋肉が動くイメージを心がけること。
お試しください。








追記2:ジャンル(歌)の違いによる手の置く位置と動きの感覚

次のように注意するとさらに効果的!!!

J-POP
手の位置はやや〇〇、動きの感覚は××

クラシック(声楽・オペラなど)
手の位置はやや◆◆、動きの感覚は△△

洋楽(日本語でない歌)
手の位置はやや◆◆、動きの感覚は××

和唄(民謡や歌舞伎)
手の位置は◎◎、動きの感覚は△△

肘の高さに注意しましょう。

この答えはアプローチ後、防音室内でお尋ねください(初診は除く)




e0146240_11175836.jpg







~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-10-07 09:45