喉の不調!?


最近、喉の不調で休業する歌手や芸能人のニュースをよく聞きます。

当サロンにお越しになっている(あるいは、お越しになっていた)当事者も
数々含まれているため、詳しくはお話しできませんが、今日は喉の調子を
崩したり、音声障害になりやすかったりするタイプの特徴と
その注意点を簡単にお伝えしましょう。

特徴です。

●真面目なひとが多い
 〔自分の限界以上のパフォーマンスを強いるから〕

●もともと喉頭周辺筋が硬いひと
 〔発声はスポーツと酷似しています。体の硬いトップアスリートなんていませんよね〕

●リラックスできないひと
 〔病気ではなく、メンタルがやや不安定になるため、発声への影響も大となる〕

●喉頭筋の疲労回復が遅いひと
 〔内・外喉頭の血流が悪いケースが多い。喉の乾燥も併発しやすい〕

●風邪を引きやすいひと
 〔免疫力が低下している可能性あり〕

複数の項目に当てはまる方は用心してください。

次に、注意点。

上記の各項に気を付けたり改善したりすれば良いでしょう。

●無理しないこと

●喉頭周辺筋の柔軟性を獲得すること

●心身共にリラックスする時間を作ること

●発声後は加温して循環機能を回復させること

●栄養の管理と極上の睡眠を心がけること

プロの条件は・・・
①自分自身が楽で思い通りの声が出せること
②聴くひとを感動させる声を出せること
の二点に尽きます。

是非、常にベストの声を多くの聴衆に届けてください。

あなたの声を待っているひとがいるのですから・・・


e0146240_9441014.jpg








追記:当サロンは病院ではありません。外喉頭の筋肉を中心にフィジカルの面から発声能力を高める施術(アプローチ)を行っています。喉の中の痛みや音声障害は、優秀な専門医に診てもらいましょう。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-09-11 09:46