胸郭プッシュ法で4オクターブが軽々!


当サロン(主にスーパークラス)で行っている胸郭プッシュ法。

現在、このトレーニングには2種類あります。

カンバセーション・メソッドとソング・メソッド。

今般、ある声優志望の方が、ソング・メソッドを用いた
胸郭プッシュ法で4オクターブもの音域を軽々と。

そして驚くべきことに、音域が広いだけでなく、良音で発声できたのです。

これには本人もびっくり。

「おぉ、こんな声を出したのは初めて・・・」

その他にも「えぇ???、声を出している感覚が無いくらい」「わっはは、あまりに
簡単に声が出るから笑いが止まらないよ。マジスゴイです!」「今まで習ってきた
発声法はいったい何だったんだ…」との感想がたくさん。

実際の、会話声や歌唱では出せない音域や声質も、胸郭プッシュ法によって
獲得できる可能性が高くなります。

もちろん、それを自分のモノ(恒常的かつ自己能力で完遂できる)にするには
さらなる訓練が要ります。

では、なぜ胸郭プッシュ法で声が良くなるのか?

いくつか理由があります。

①呼気圧の上昇により、声門(二枚の声帯の間)通過の瞬間気流が増大すること(総合気流ではない!)
②意識が胸郭に向き、喉頭の力が抜けること
③喉頭を地面と水平に近づけることで、重力によって咽頭収縮筋などの筋肉が弛緩し、運動性能が上がりやすくなること
④連続プッシュで、声帯筋および声帯粘膜の振動効率が高まること(その結果、常に後半の方が好調になったり、ピッチがグングン昇っていきます)

ただし、効果を得られないひともいます。

①喉頭周辺が硬いひと(病気でない過緊張性発声や懸垂機構のコリ)
②肋椎関節の動きが少ないひと
③リズム感が悪いひと

そのため、ある程度の喉頭および呼吸運動の環境が整った
状態で行わなければ効果が薄くなってしまいます。

この胸郭プッシュ法を受けた方の多くは、喉に力を入れることなく
スルスル声が出てしまうこと、響く低音や透明感あふれる高音に、必ず驚きます。

そう初体験。

これを幾度も繰り返せば、身体がこの感覚を覚えていき
どんな音域でも、どのような音色(質)でも、楽々出せるようになります。

是非とも、自由で極上の声を Get してくださいね。

以下に、胸郭プッシュ法の連続写真を供覧します。

これらの動作を一瞬に行い、繰り返します!


e0146240_1565560.jpg
肋椎関節の動きを検査します


e0146240_1571074.jpg
横隔膜の位置を特定します


e0146240_1571970.jpg
第12肋骨(浮遊肋骨)下縁をマーク


e0146240_1574319.jpg
第11肋骨(浮遊肋骨)へ向かってプッシュ


e0146240_1575663.jpg
皮下に対して直角に押し込み、外側へ力を逃がす









追記1:正確に行わないと効果が無いばかりでなく、肋骨不全骨折、肋軟骨離解など、ケガも多い場所ゆえ、素人判断の手技はお控えくださいね。押すタイミングや強さなど、術者のテクニックが必要な難度の高いアプローチです。








追記2:カンバセーション・メソッドは「おはようございます」の挨拶言葉や「あー」のロングトーンゆえ簡単ですが、ソング・メソッドはCD音源を真似てさまざまな発声を行うため難しいトレーニングとなります。それゆえリズム感が大切。また、この胸郭プッシュ法によって、自分の持つ本当のファルセット音やスタッカートの真実を目の当たりにします。呼吸って凄いですよ!






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-23 15:18