賛否両論 Part11 飛行機


巷で、声に関わる情報を集めてみました。
すると、Aさんの意見とBさんの意見では正反対。
これらを科学的かつ独断的に解説してみたいと思います。
22回に分けて掲載する予定。
さあ、どっちが正しいの?


Part1 うがい
Part2 加湿器
Part3 吸入器
Part4 スポーツ
Part5 飲酒
Part6 セックス
Part7 自転車
Part8 ダンス
Part9 ガム
Part10 たばこ
Part11 飛行機
Part12 船
Part13 タートルネックの服
Part14 ネクタイ
Part15 あくび
Part16 ハミング
Part17 ささやき声
Part18 昼寝
Part19 枕
Part20 ジェットコースター
Part21 カラオケボックス
Part22 ×××


さあ、今回はPart11の“飛行機”です。

「えっ、飛行機に乗ると声が悪くなるの?」と驚くかもしれませんが
実際にわたしが目撃したお話です。

インドネシアへ行ったときのことです。

飛行機は高度を下げ、まもなく空港に着利するとき、同行した人物が
急に「うぅ、耳が痛い!」と騒ぎだしました。

激烈な痛みのようでした。

すぐに点鼻薬を使用し、鼻をつまみながら唾を飲み込むこと数回。

その結果、痛みは徐々に治まり、その後、無事に滑走路へと着陸したのです。

空港に降り立ち、当事者が「大変でした」との言葉を発したとき
わたしは違和感を覚えました。

声のトーンが、飛行機に乗る前に比べおかしかったのです。

しかし、本人は気づいていません。

帰国して耳鼻科で診てもらったら、航空性中耳炎とのこと。

この病気なら声には影響がないと思われますが、耳管からの空気の抜けが
良くないせいか、音質がこもって聞こえたのです。

他にも、飛行機に乗ると気圧が低いため声帯がむくみやすくなります。

搭乗中に脱いでいた靴が、着陸前に足がパンパンにむくんで
履けない経験をお持ちの方も多いことでしょう。

同じ理屈です。

もし、海外公演があるひとは、到着してすぐの発声は控えてください。

もちろん、まったく気にならないひとも大勢います。

やはり、賛否両論。


e0146240_3484419.jpg






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-04-29 03:49