賛否両論 Part7 自転車


巷で、声に関わる情報を集めてみました。
すると、Aさんの意見とBさんの意見では正反対。
これらを科学的かつ独断的に解説してみたいと思います。
22回に分けて掲載する予定。
さあ、どっちが正しいの?


Part1 うがい
Part2 加湿器
Part3 吸入器
Part4 スポーツ
Part5 飲酒
Part6 セックス
Part7 自転車
Part8 ダンス
Part9 ガム
Part10 たばこ
Part11 飛行機
Part12 船
Part13 タートルネックの服
Part14 ネクタイ
Part15 あくび
Part16 ハミング
Part17 ささやき声
Part18 昼寝
Part19 枕
Part20 ジェットコースター
Part21 カラオケボックス
Part22 ×××


次なるPart7は“自転車”です。

ある男性歌手が「自転車に乗った後はいつも声の調子が悪くなる」とおっしゃっていました。

そこで、他の声を大切にしている方々に訊いたところ「自転車で声は変わらない」
「気にしたこともないわ」との答えが多く返ってきました。

ならば・・・、どのような理由があるのか探ってみました。

実験です。

自転車に10分間乗ります。

そして、乗る前と、乗った後の喉頭周辺の状態を検査します。

その結果・・・、これと言った大きな変化はありませんでした。

ならば、その男性歌手はどのように乗っていたのか尋ねてみました。

すると声が不調になる理由が判明したのです。

それは・・・、ロードレース用の本格的な自転車で、ガンガン飛ばして乗っていることでした。

高校時代、わたしは自転車が大好きで、夏休みに日本半周した経験があります。

フレームを特注で作り、かなりこだわっていました。

さて、話が脱線してしまいましたね。

しかし、この稀有な経験から答えを導き出すことができたのです。

スピードを上げて自転車に乗っていると、同等の運動量と考えられる
他のスポーツよりも、ノドがイガイガするのです。

これは、風を切って疾走することで、まさしく空気が口の中に入りやすくなるからです。

さらに、埃や排気ガスなど異物も。

もう、おわかりですよね。

乾燥・・・

きっと、この状況になるがゆえ「自転車に乗った後はいつも
声の調子が悪くなる」となるのでしょうね。

予防法としては、フルフェイスのようなヘルメットをかぶるか、マスクを着用するか。

しかし、マスクは空気の流入量を減らしてしまいますから、長時間の着用は
息苦しくなるので、使用は難しいかもしれませんね。

まあ、競輪選手でなければ、スピードを落とすのが賢明かと。

安全のためにも、その方が良いでしょう。

したがって、ここでも賛否両論あり。


e0146240_1114137.jpg





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-04-25 11:14