口角を上げる(笑顔)発声の功罪


Past Article Reorganization

今回は超重要な話題。
よく「ほら、口角を上げて!」とか「笑うように歌うのよ!」と指導を受けたことがあるかもしれません。
この口角を上げての発声の長所と短所をお伝えします。

良い点
口角を上げると、口腔共鳴腔および咽頭共鳴腔の空間が最大に近づきます。
楽器でも例えられるように、倍音を構成したり響かせたりするには空間の要素が大きく関係します。
したがって、声の音色が良くなる可能性が増えます。

悪い点
口角を上げることで、口輪筋が伸びきってしまい、歯前面部と唇(くちびる)が密着します。
または、歯そのものが剥き出しになり、口輪筋の動きがなくなってしまいます。
これによって、重要な最終調音である唇の運動性が阻止される。
つまり、良い音を作り出すのが難しくなります。

このパワーバランスによって「そうそう、良いじゃない」となるか「ダメダメ、良くないよ」となるか・・・
功罪を十分に理解して使い分けてくださいね。
e0146240_2062327.jpg







ある音大女性教師に、口腔内を「い」の形状で、唇を歯と離し、A5音を発声していただいたときの咽頭共鳴腔と声帯のファイバー写真を絵に加工。
咽頭および梨状陥凹の空間の大きさと声帯振動のなめらかさがスゴイ!!!
e0146240_20152235.jpg

by aida-voice | 2016-02-03 16:53