リップロール詳解


Past Article Reorganization

e0146240_0111089.jpg

タントリルとセットになって訓練されるのがリップロールです。
上下の唇(くちびる)を呼気によって弾き、リズミカルに振動させます。
リップロールは主に口輪筋が担っています。
この口輪筋は、口を閉じる筋肉の中核になっています。
起始停止はかなり複雑なことから、運動の種類が多岐にわたるのも予想できます。
顔面神経支配ですから、ここが麻痺すると、液体を飲むのが困難になります。
身近では、歯科医院で麻酔を打ったとき、口をすすぐと水が漏れてしまう経験は誰にでもあるでしょう。
さて、リップロールの様態を解説。
タントリルと同様、やり方ではありません。
正確なトレーニング方法は、あなたの優秀なボイストレーナー(教師)から習ってください。
まず、筋肉の硬さ。
口輪筋を完全に固めてしまうと、リズミカルな振動は阻害されます。
逆に、ゆるめ過ぎると、口唇が大きく開き、呼気が一気に排出されてうまくいきません。
上手にできているひとを何度も触診していると、口輪筋の状態がわかります。
始まる前はやや硬めで、振動が始まると共に、徐々に弛緩させていました。
できないひとは、このあたりをヒントにするとよいのではないでしょうか。
そして、呼気圧を一定に保たなければ振動は雲散霧消してしまいます。
これまで語られてきた通り、呼吸のトレーニングになることが証明されますね。
唇は、声の最終調音部位です。
トランペットやクラリネットで例えるならベル。
どれもふくらんで広がっていきます。
もし、ここが反対に、狭くなっていたり閉じていたりしたら・・・
きっと、良い音ではなくなるでしょうね。
これと同じ。
唇を十分に使うことができるひとは、音色が豊かになっているデータもあります。
やはり、口輪筋の役目。(その他に、頬筋・上唇挙筋・口角挙筋・頬骨筋・笑筋・下唇下制筋・口角下制筋・オトガイ筋・鼻中隔下制筋も関与しています)
そして、最大に活躍させるには、唇内側と歯が触れないこと。
正確にお伝えするのは難しいのですが、唇と歯の間に空間が存在している方が運動性能はアップしているようです。
意識的に敢行してみるのも良いイメージトレーニングになるでしょう。
また、リップロールを行う前に、両指で口輪筋をストレッチすると、かなりの確率で成功します。(さらに、ロングタイムのリップロールが可能になります!)
口輪筋の確実なストレッチ法は、ひみつの声で公開します。
ご覧になれる幸運をお祈りします。
e0146240_441657.jpg
有色部分が口輪筋の矢状断面図





追記:「タントリルやリップロールは練習さえすれば必ずできるものなのですか?」との問いをいただきました。わたしの答えはこうです。「実は、舌や口輪筋は、まだまだわからないことばかりなのです。舌に関して言えば、神経支配分布が大きいことは判明していますが、どのように作動しているのか正確にわかっていません。また口輪筋に関しては、起始停止も曖昧です。共に相当の個人差もある。したがって、どんなに練習してもスキップ(とび跳ねながらの歩行)が出来なかったり、自転車に乗れなかったりするのと同様、物理的もしくは運動機能的に不可能はなひとがいるのは十分に考えられます。できるひとには簡単。根本的にできないひとは、どんなに鍛錬を積んでも不可能なケースも存在します。喉頭および舌骨上筋群の整備不足によってできないなら練習さえすれば、できるようになるでしょう。しかし、本当にできないひとがいることも知ってください。そのようなひとが無理な訓練を強要されれば、発声すること歌うことが嫌いになってしまいます。そう、声ってとってもステキなものですからね」
さて、ここで、口輪筋の起始停止を載せます。いろいろ調べましたが、明快な表記が少なく、次が適切と考えます。『筋の機能解剖』著ジョンH.ウォーフィル(医学書院)から抜粋しました。口輪筋の起始停止:括約筋は口の縁に集まっているいろいろな顔面筋とそれ自身の固有の筋線維とによって形成される。深層は口唇部で交叉する頬筋からなり、上顎からの線維は下唇へ向かい下顎からの線維は上唇へと行く。上下頬筋線維は交叉することなく上下唇に向かう。より浅層で口角挙筋と口角下制筋の線維は、口角挙筋は下唇へ口角下制筋は上唇へと口角部で交叉する。上部線維は正中線付近に付着し、上唇挙上筋、頬骨筋、下唇下制筋からの線維は横走線維と混合する。唇の固有線維は皮下を粘膜の方に向かい斜めに走る。固有線維の外側束は外側切歯に対する上顎歯槽縁から起こり、外側に向かってアーチをつくり、口角部の線維につながる。正中束は上唇を鼻中隔に結びつけている。こんなに複雑・・・
by aida-voice | 2016-02-28 04:41