肩甲挙筋の動きを良くしよう


肩甲挙筋が硬くなったり動きが悪くなったりすると声に悪影響であることが判明。
この筋肉は肩こりにも影響しています。
詳細な研究検証は今後の課題ですが、肩甲挙筋の走行と喉頭周辺筋の運動効率が関係していると思われます。

症例
1:女性 歌手
高音発声に悩んでいた歌手が、肩甲挙筋の動きを良くしたとたん、高音が出やすくなったとの報告をいただきました。
2:女性 声優
収録時には常に喉のつまる感じがあったが、肩甲挙筋の柔軟性を出したら、発声が楽になった。
3:男性 痙攣性発声障害
ある接骨院で、肩甲挙筋を中心とした施術を受けた後、1~2日は声が非常に出しやすくなる。

是非、お近くの接骨院(整骨院)や整体で、肩甲挙筋の施術を受けてください。
効果を得るには肩甲挙筋へのダイレクトなアプローチが必須ですが、肩の施術に関して優秀な先生なら、声専門院でなくてもOKですよ。
e0146240_14334828.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-08-22 14:34