幼稚園・保育園の先生へ


同じ量の声を使っていても幼稚園・保育園の先生は大変であることが判明しました。
幼稚園と高校の先生に、「普段、どのくらいの声で子供に教えたり話したりしていますか?」と聞いたことがあります。
そう、当サロンには学校の先生が多くお越しになっていますから。
症状は、難治の声帯結節、喉頭疲労による嗄声、ガラガラ声(耳鼻咽喉科で問題ないと言われたケース)、軽度の声帯萎縮が主ですね。
さて、その二人の声の音圧を計測しました。
実際に授業時間中のすべてを計ったものでなく、「このくらいの大きさ」と感じる自己申告。
最高(MAX)数値を3回求め、その平均を算出しました。
高校の先生:約85デシベル
幼稚園の先生:約97デシベル
おぉ、10デシベル以上高い!
そう、そのひとの感覚でしゃべってもらっても、こんなに違っていました。
仮説の域を出ませんが、これは『感情的』になるかどうかの差ではないかと考えます。
幼稚園・保育園の先生は「太郎君、ダメですよ!」「花子ちゃん、ほら早くしなさい!」など、声を張って指導しなければならない場面が多いことは想像に難くありません。
小児は簡単にききわけてくれません。
逆に、高校生には、それほど感情的な指導教育は必要ないでしょう。
落ち着いてキチンと話せば理解してもらえるからです。
このことから、いかに感情的に声を出さないようにするか?
方法があります。
それは、『演技』
「え・ん・ぎ・・・?」
はい、演技です。
喉と身体を脱力した状態から、演技力を駆使して喜怒哀楽の声を表現します。
そうです、役者になった感覚で、できるだけやわらかく、「たろうくん、だめですよ」「はなこちゃん、はやくしなさい」。
冷静な自分と演技して声を出している自分にわけてみてはいかがでしょう。
また、この表記文にも注目してください。
「太郎君、ダメですよ!」と「たろうくん、だめですよ」。
どちらが、やわらかく感じますか?
後者だと思いませんか?
発する言葉を『ひらがな』に置き換えてみましょう。
喉の力が抜けるはず。
感覚の問題に過ぎませんが、結構、効果的かも。
しかし、言葉のキレは良くしてくださいね。
怒っていることを相手に伝えなくては『怒』の意味がありませんから・・・
そう、演技、演技。
これで喉詰め発声、過緊張性発声、声帯結節などの器質的音声疾患から開放されるかもしれません。
是非、お試しください。
e0146240_1659378.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-07-31 17:04