呼吸は大切!!!


Past Article Reorganization

e0146240_14294459.jpg

ご存じのように、声帯ヒダは筋肉とそれをおおう粘膜のひだで構成され、左右にあります。
かつまた、声帯は自分では動きません。(一部筋収縮を除く)
声帯を閉じて息の通るすきまを狭くし(声門閉鎖)、下からの気流(呼気)によって声帯が弾かれ、振動させることで音が生成されます。
この声帯を閉じたり開いたりするのも、披裂軟骨に付着する筋肉(後輪状披裂筋や外側輪状披裂筋など)によって行われています。
そう、すべてが自分の筋肉のパワーで動かしています。
しかし、声帯を閉じる方法がもう一つあります。
それはベルヌーイの定理。
平行に距離を保った二枚の紙の間に息を吹きかけると、二枚の紙は互いに寄ってきます。
息を吹きかけることで、紙間の空気が薄くなる、つまり陰圧になります。
この状態になると、紙の外側の気圧の方が高いために、紙はお互いに寄ってくるのです。
声帯もこのような物理現象(流体力学)に支配されています。
つまり、声門(左右の声帯のひだの間)を呼気が通過すると、その周辺が陰圧になり、声帯が寄ってきます。
つまり、息を出せば出すほど、声は作りやすくなるのです。
自然の力が働くため、つまり、力づくで閉じる必要がないため、喉に余分な力み(りきみ)もなくなるわけです。
極上の発声の源です。
e0146240_14225291.jpg

これを利用しない手はない。
効率良くベルヌーイ定理を利用する大切なポイントが2点あります。
①呼気圧が大きいほど、声帯を寄せる能力が増える
②声帯粘膜がしなやかでなければ寄ってこない
どちらか一方の条件が欠けても、思い通りの発声から遠ざかります。
したがって呼吸が重要であることは一目瞭然。
そして、声帯粘膜の保湿も。
これにはボイスケアサロン声専用キャンディが最適でしょう。
e0146240_1425769.jpg







~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2016-02-14 14:30