トップクラスの音声医師 ⇒ 楠山敏行先生


★終了しました

2010年6月から、月一回、東京ボイスクリニック品川耳鼻いんこう科(院長:楠山敏行先生)で、會田茂樹が外喉頭の簡易検査と相談会を行うことになりました。
わたしは多くの音声医師を知っています。
また、直接お目にかかったことがないドクターでも、当サロンに来る患者さまから大量の情報を得ています。
その中でも、トップクラスの医師が楠山敏行先生です。
どこが素晴らしいのか列挙してみましょう。
①まず何より頭脳明晰。慶応大学医学部を優秀な成績で卒業しました。その後、研鑽を積み、東京ボイスセンターの副所長を務めた賢人です。(何だか結婚式のスピーチのようですね・・・笑・・・)
②人柄がステキ。楠山先生の真価は、人格にあります。相手を思いやる優しい心。穏やかな口調は、相手の気持ちを安らかにします。。
③そして、常に真剣。例えば・・・、多くのひとは間違った認識を持っていますが、喉頭ファイバーは時間をかけてじっくり検査しなければ真の声の状態を把握することはできないのです。チャッチャッと早く終わる検査は、確かに受ける側からすれば楽ちんですが、変化や病変を見逃す恐れがあり、お薦めできません。その点、楠山先生は丁寧な検証で好評を博しています。
④話を聞いてくれる。どんな場面でも、こちらの話を受け止める度量があります。
わたしは、このような優れた医師と共に研鑽できるのを誇りに思っています。
2010年6月25日から開始します。
当サロン通院者も、東京ボイスクリニック品川耳鼻いんこう科の患者さまも、どちらにも来たことがない方も、喉と声のケアのために皆さまのお越しをお待ちしております。
e0146240_12452516.jpg
楠山先生と會田





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:必ず楠山敏行先生の診察を受けてから、外喉頭のチェック&アドバイスとなります。會田の検査等は無料ですが、楠山先生の検査および治療は有料です。もちろん各種健康保険が適応されますので、保険証をお持ちください。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-06-12 12:51