胸鎖乳突筋のマッサージで滑舌が良くなるって本当?


検証は難しいのですが「あり得る」と思います。
この問いの胸鎖乳突筋をマッサージした部位は乳様突起の近辺だと思われます。
胸鎖乳突筋の停止部の前方には『顔面神経』の特殊内臓遠心性線維の束があります。(下絵黄色)
e0146240_78244.jpg
これは、顔面の表情筋と顎二腹筋後腹および舌内筋の一部の運動をつかさどっている神経です。
正確には、乳様突起と茎状突起の間から表層に近くに出てきます。
この地点と胸鎖乳突筋の前縁がやや重なることも考えられますので、胸鎖乳突筋の圧を取り去ったり顔面神経への効果的な微弱刺激を与えたりして、最終調音する表情筋や顎運動に関係する顎二腹筋および構音をダイレクトに担う舌内筋の一部の、それぞれの動きが活性化する可能性があると思われます。
結果、唇(くちびる)、舌、顎の運動性能が増して、滑舌が良くなるというのです。
ただし、胸鎖乳突筋も茎状突起も、非常に繊細な組織ゆえ、安易な手技は絶対禁物です。
Amateur judgmentの事故が増えています。
十分ご注意ください。



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-06-11 07:24