喉の運動能力測定


測ってみよう、知ってみよう! 

あなたの『喉の運動能力』は何点?
以下の各質問に当てはまる点数の合計を出してください。


第1問
思い通りの声を出せる、自由自在に歌える 10点
歌やカラオケは好きだが、自分の声に満足していない 3点
自分の声に自信がない 0点

第2問
声に響きがある(音色が良い) 5点
声に響きがない(音色が悪い) 1点

第3問
素晴らしい高音を出せる 10点
高音は出るが金属音のように硬い 3点
高音は苦手 1点

第4問
長時間しゃべったり歌ったりしても疲れない 8点
声にスタミナがない 1点

第5問
唾を飲み込むと喉がゴクッと鳴るときがある 0点
そのようなことはない 3点

第6問
発声時に首のすじが浮き上がる 0点
そのようなことはない 3点

第7問
言葉を噛みやすい(滑舌が悪い) 0点
そのようなことはない 3点

第8問
ときどき喉が詰まる感じがある 0点
そのようなことはない 3点

第9問
歌を習っていた(いる)ひと、スポーツやダンスをしていた(いる)ひと 3点
歌もスポーツもしていないひと 1点

第10問
自分の声に興味がある 2点
声に興味がない 0点

さあ、合計は何点でしたか?

45点以上
極上の喉を持っていますね。
素晴らしい!!!!!
詳しい統計はありませんが、100人に1人くらいの確率でしょうか。
大活躍してください

35点~45点
まずまず喉の運動性があります。
さらに発声能力をアップさせましょう。
正しく能力向上すれば、多くのひとに感動を与える声や歌が可能です。

15点~35点
喉の運動能力を上げる余地が大いにあります。
声に響きや艶が足りないかもしれませんね。
歌手志望の方が、このまま歌の技術練習をしても、急上昇ではうまくならないと思います。
まずは、基礎である喉の運動性を獲得してください。

15点以下
喉がガチガチに硬い、または、喉の運動能力が落ちている可能性が非常に高いでしょう。
声が出なくなるわけでもなく、病気でもありませんので心配は要りませんが、早急かつ適切に対処することをお勧めします。
声はステキな道具であり、芸術であり、そのひとの生き様です。
また、声の印象だけで、あなたの人柄や性格まで勝手に決められてしまうこともあります。
15点以下のひとは、残念ながら、自分の本当の声や歌を知りません。
このままでは、一生涯、知らないままでしょう。
それは、とってもさみしい・・・
そこで、自己採点でこのランクに該当したひとに、些少ながらお知らせです。
自分の声を知り、向上する、小さなお手伝いをします。
期間限定で、初めて受ける方の初検料10,500円を無料にさせていただきます。

条件
1:喉の運動能力測定の結果が15点以下のひと
2:2010年4月18日~4月30日に電話 or メールで初診予約を完了したひと
3:予約時に「喉の運動能力が〇〇点でした」と報告し、この企画を利用する旨を伝えたひと
4:初診日に点数状況をお持ちいただいたひと(プリントアウトして点数を書き込んでください)
上記4点の条件がもれなくそろった場合のみ初検料を無料とさせていただきます。
なお、虚の申告はお受けしません。
また、この企画は予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
e0146240_20453932.jpg



声や歌の良さは、おおむね喉の運動性で決まります。
喉の能力が最高に発揮されれば、高音だろうが、ビブラートだろうが、難しい曲だろうが、鼻歌程度でスルスル歌えてしまいます。
何でも楽々歌えちゃう。
その中から「私はこっちの音色が好き」「この声がカッコいいと感じてるよ」など、声色や歌い方を自由に選ぶことができます。
これこそが、誰の真似でもない本物の個性であり、そのひとの歌と共に存在するアイデンティティとなります。
そこに、聴き手を魅了する歌が完成します。
そう、聴き手は、一部の熱狂的なファンとあなたのご家族を除き、あなたの歌のテクニックを褒めたいのでなく、聴いている自分自身が感動したいだけなのです。
歌やCDを聴いて、「すぐに、もう一度聴きたい」「超わくわくする」と思わせるか、「当分は聞かなくていいや」「この声は疲れるね」と感じさせてしまうか・・・
フィジカル(喉の運動能力)×テクニック(歌の技術)×メンタル(精神や歌心)=極上の歌
喉の基礎能力をアップさせましょう




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:この『喉の運動能力測定』は、個人の感覚に頼る曖昧なチェック方法であり、結果を含め、正確ではありません。喉頭の能力を正しく知るには、喉頭ビデオ解析(無声時および発声時)、喉頭周辺図作成、筋硬度計、音声解析、喉頭組織実測などを実施して、総合的に評価しなければなりません。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-04-15 04:12