施術効果のグラフ1


効果の様子をグラフ化してみました。

A:一月に2回 (2回以上を含む)、B:一月に約1回、C:二ヶ月に1回 (隔月) の、3種の来訪パターンの方々を独自に調査しました。
通院者には 「自分が、どのくらい良くなったか」 「目標や理想と比べ、どの位置にいるか」 を自己判断してもらいます。
そして、會田茂樹は、会話の中から、本人が感じている声の変化の有無および程度を問答で引き出したり、実際の声を感覚検定したりして、10段階で示しました。(改善変化が明確でない場合は、1~3ポイント下げて点数化するなど、相当シビアな基準で判定します)
それらの点数を平均化したグラフです。
声を良くしたい、歌がうまくなりたい、高音を出したい、声に響きが欲しい、喉の詰まり感をなくしたい、痙攣性発声障害の症状を緩和したい、声帯結節の体質改善をしたいなど、様々な症例の方々です。
なお、特定の人物を追跡調査したものでなく、ある程度パターンに合致するひとが経過月に該当した際に尋ねた結果です。





e0146240_8244085.jpg





考察

グラフから評価できる点
☆ 何よりも、施術を受けることで、声が良くなる事実が判明したこと
☆ アプローチのスパンが短いほど、効果の率が高くなること
☆ 施術を続けると、効果がさらにアップしていること
☆ 継続によって、得られた効果が維持できていること

グラフを評価できない点 (数値の疑問点)
★ 基準が明確でないこと
★ 各パターンの被験者数が異なり、かつ、少ないため、正確でないこと
★ 点数が、各人の主観的な感覚に頼っているので、かなり曖昧なこと
★ 目標や理想の声に、個人差がありすぎること
★ 途中で断念したひとの意見が反映されていないこと
★ 長期来訪者は、會田茂樹に慣れ親しんでくるため、後期の点数が甘くなること
★ 會田茂樹の一方的な聴覚が、点数を左右してしまうおそれがあること






正確性に欠けますが、おおむね頻繁なアプローチほど、効果が高くなる可能性が示唆されました。
実は・・・、最も効果を大きく感じていただくのは、遠方来訪者の施術でした。
グラフには含みませんが、北海道や九州・沖縄のひとは宿泊して毎日連続でお受けになるケースが多々あります。
交通費を考えれば当然ですよね。
2泊3日なら3回連続、3泊4日なら4回連続など。
驚くほど劇的な効果を感じる方もいます。
これは、運動部の合宿トレーニングに似ていますね。
当サロンのアプローチは、そのひとの喉頭運動能力の促進が趣旨です。
それらは、喉周辺の筋肉に依存しています。
筋肉には 『反応力』 と 『記憶力』 があります。
繰り返しによって、覚えることです。
そう、他のスポーツとまったく同じ。
声や歌は、フィジカル (身体) と、テクニック (発声法や歌唱技術) と、メンタル (精神や歌心) の三つがもれなく備わったとき最高に発揮できます。
フィジカルが不十分では、どんなに練習してもテクニックは身につきません。
もちろん歌は多少うまくなるでしょうが、小手先だけの小ぢんまりとした歌手になってしまいます。
一曲でも売れたらラッキー。
しかし、国民から長く愛される歌手になるのは難しいでしょう。
また、フィジカルとテクニックが充実すれば、メンタルはおのずと向上してきます。
そう、ゆるぎない自信がつくからですね。
さらに、機能性音声疾患 (SD、音声振戦症、音声衰弱症、過緊張性発声障害など) にとっても、病気の症状よりフィジカルの能力と効率がグンと上がれば、日常生活に問題ない程度まで乗り越えることができます。

即時効果でアッと言う間に良くなるひとから、まったく効果を感じられないひとまで、個人差はありますが、グラフを参考に、ご自身の最適なプランを練ってください。
ボイスケアサロンを、ボイスコンサルティングとして活用しましょう

e0146240_16333715.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





追記1:グラフは平成21年12月末までの数値です。現在も、機会あるごとに調査しており、今後も数値が変動するものと考えます。最近は、施術内容がパワーアップしていますから、満足度もポイントも上昇しているものと考えます。なお、結果には、第三者からは良い声に変化してきていると聞こえているにもかかわらず、ご本人としては 「まったく良くなっていない」 のような0点の意見も含んでいます。やはり、効果を確実にするには、発声時の運動感覚と、音を聞き分ける耳 (優れた聴力) が不可欠なのですね。さらに、メンタルに関しても、ネガティブな気持ちではいけません。そして、この数値をもって、効果を約束するものではありませんので、お間違いなく。施術は受けてみないと、つまり、実際にトライしなければ何事も成し得ないのです。受術の有無や継続は、ご自身で判断してください。後から 「良くならなかった」 「治らなかった」 と泣き言は言わないこと。こちらは、わたしたちを信用していただく限り、命がけで改善を目指し、あなたを守りますよ。會田茂樹の施術で、声の病気を克服したり、メジャー・デビューして活躍したりしている仲間が大勢います・・・




追記2:なお、当サロンには、『喉と声のリラクゼーション』 が目的で通ってくるひとも大勢おります。主に、プロフェッショナルなエリートボイスユーザーやアーティストです。ふだんは調子良いのですが、声の疲労回復、美声維持、声のアンチエイジングのような、リラクゼーションを求めています。当ケースは、コンスタントにいらっしゃるひとと、その時折にいらっしゃるひとに分かれます。したがって、上グラフ数値に反映しないよう削除してありますので、お伝え申し上げます。






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-03-11 08:25