ボイストーク With JOY Part2


テレビやラジオで活躍中のグリーンウッド・ジョゼフ (通称 JOY:ジョイ) さんと対談しました。
JOY君は、以前より、当サロンでボイスケア (施術) を受けており、今般、ご許可をいただき、彼のいだく声に関する素朴な疑問を、トーク形式でお答えします。

JOY君は、非常に優秀な喉 (大きさと形状) をお持ちのタレントさんで、とても素晴らしい声をしています。
歌手でもあります。
本当にセクシーな音色です。
ファンの皆さんに喜んでいただくために、さらに良い声になるよう当サロンでメンテナンスをしているのです。
この先、もっともっと多くの方々に、感動を与えるステキな声になるでしょう!

さて、第2回目は、カラオケです。


JOY
こんにちは、今日もよろしくお願いします。
今回は、カラオケについて會田先生に聞きたいことがあるのです。

會田茂樹
おっ、カラオケ、いいですねぇ。

JOY
會田先生はカラオケは好きですか?

會田茂樹
ええ、大好きですよ。

JOY
カラオケで歌うとき、キーの高さがありますが、原曲キーで歌うのはどうなのでしょう?
原曲で歌うと、喉がしまってきたり、声が疲れたりして、実際、まわりで聞いているひともつらいと思うのですが。

會田茂樹
そう、JOY君のおっしゃるとおりですね。
まず、そのひとの喉に合った曲であるかどうかを判断しなければなりません。
甲状軟骨の大きさと形状が楽器に似ており、その楽器に見合う曲を選択する必要があります。
例えるなら、ウクレレの楽曲と、アコースティックギターの楽曲と、ウッドベースの楽曲では、異なるという点です。
ウッドベースでハワイアンを弾いても、正しいハワイアンの曲にはなりませんよね。
もちろん、音楽は自由ですから、趣向を変えて、ある意味で楽しいかもしれませんが・・・
やはり、その楽器に適合する曲があります。
そこから逸脱すると、やはり無理がありますね。
次に、喉の運動性の問題です。
声は、声帯をふくめ、すべて筋肉で作られます。
そう、スポーツと同じです。
使う道具は息という空気だけです。
さて、最近、男性が女性の曲を歌うのが流行っていますよね。
優しく柔らかい高音を出す技術がない男性が、女性の曲を歌うと、絶叫するような金属音となって、周囲の皆さんに迷惑をかけるだけです。
JOY君のおっしゃっているケースですと、多少の過緊張性発声も存在していると考えます。
喉周辺の筋肉が硬くなってしまい、高いキーに対応できなくなります。
そして、喉に大きな負担もかかってきます。
疲労したまま無理に歌っていると、喉づめ発声だけでなく、声帯結節などの音声障害にもなりやすくなってしまいます。
高音発声で重要なキーワードが、輪状甲状筋です。
しなやかな高音を出すには、輪状甲状関節の動きが絶対必要なため、まずは、この関節が正確に動いているかどうか調べるとよいでしょう。

JOY
ボクの場合はどうですか?

會田茂樹
JOY君の場合は、非常に優秀な形状の甲状軟骨 (のどぼとけ) を持っています。
甲状軟骨は、グランドピアノと同じで、大きいほど良い音が出ます。
しかし、大きいと動かすのが大変になります。
扱いにくくなるのと同じ意味合いですね。
そして、この大きさと運動性のバランスが難しい。
今でもJOY君は良い声をしていますが、輪状甲状関節を動かす輪状甲状筋の筋力をアップさせれば、ピッチ機動性が増して、さらに良い声になりますよ。
さらに良い声になるだろうという理由は・・・、実はJOY君の、生の声と、テレビなどで録音された声とでは、じゃっかん聞こえが変化しているのです。
同じ空間でJOY君としゃべっていると、魅力的な艶のある声です。
しかし、テレビから聴こえてくる声は、ややこもってしまい響きや色気を感じません。
中低音の声の中に、高音の要素が混じってこないからです。
輪状甲状筋の運動性をあげれば、それらは確実に改善できると信じています。
同時に、わざとらしい作り声でなく、あくまで自然な美声でなければなりません。
きっと、テレビやラジオのから流れてくるJOY君の声を聞いて、感動するひとが激増する日も近いでしょう。
それだけ素晴らしい形の喉を持っていらっしゃるのですよ、JOY君は。

JOY
それは良かった!
じゃあ、會田先生にお任せしておけば大丈夫なのですね。

會田茂樹
そうです。
任せてください。
また、この喉ニュースにも、カラオケで使える裏技などを載せていますから、頻繁にチェックしてくださいね。

JOY
はい、喉ニュースは、ちょっと難しい内容もいっぱいあるのですが、必ず見ていますよ。

會田茂樹
それは、ありがとうございます。
ところで、最近、歌のほうはどうですか?

JOY
おかげさまで、皆から良くなっていると高評価をもらうようになりました。
ありがとうございます。

會田茂樹
おめでとうございます。
ますます良い声になって、多くのファンの方々を喜ばせてあげてください。
JOY君は、まだまだ喉の運動性がアップするはずです。
そこに、桜田ヒロキ先生から習う歌唱テクニックが加味すれば、必ずや極上の曲に仕上がるでしょうね。
がんばってください。
こんど、一緒にカラオケに行きましょう。

JOY
是非是非、お願いします。
今日も施術とお話し、ありがとうございました。



e0146240_08453.jpg
術前問診の様子


e0146240_082270.jpg
声の対談の様子

e0146240_085328.jpg
イケメン モデル&タレント JOY君





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-03-05 00:25