嚥下ストレッチ 受術希望者が多かったため時間枠を拡大


 
お知らせ

2010年2月2日(火)の嚥下ストレッチ 【 無料 】 は、受術希望者が多かったため、可能な限り時間枠を拡大しました。
なお、予約はすでに受け付け終了しております。
満員で予約できなかったひとは、次回にご期待ください。



嚥下ストレッチ 





誰もが飲食できる喜びを・・・

e0146240_1938869.jpg
 




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





追記:「どうやって飲みこみやすくするの?」 答えは、喉頭蓋の動きの予想です。

e0146240_91830.jpg
 
外喉頭から・・・
①甲状軟骨の可動性
②咽頭収縮筋の状態
③舌骨上筋群の運動率
などが検査および判別できれば、喉頭蓋の動きを予想できます。
さらに、運動に関して積極的参加できる場合もあります。
それが嚥下ストレッチの対象となります。
ただし、咽頭収縮筋に原発性弛緩がある場合は、筋トレ (嚥下体操) や喉頭専用低周波によって筋力アップも視野に入れて対処が必要です。
これによって、飲みこみやすさが生まれてきます!





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。





 
by aida-voice | 2010-02-01 01:35