声に響きと艶(つや)を!


少し前に製作した動画です。
この俳優さんの甲状軟骨は、形状が誠に優秀です。
・甲状軟骨が大きい
・甲状軟骨翼が広がっている
・縦と横のバランスが最高
・下部から上部に向かって拡大している
・適度な厚みがある
・上角の長さがある
しかし、大きすぎる点が、環境要因によって、持て余してしまうきらいがあります。
そう、良い時はとんでもなく良いのですが、一旦、調子を崩すとリカバリーに時間がかかってしまいます。
やはり、喉頭の位置が深奥傾向にあります。
そこで、甲状軟骨を前方に引き出し、輪状甲状関節を屈曲させ、共鳴腔構築と声帯伸長を完成させます。
e0146240_0122736.jpg

・声が大きくなります
・つるっと声が出ます
・声のきめが細かくなります
・倍音が形成されます
・音色に艶 (つや) が出てきます
良い声の状態を体験することで、発声能力向上を目指します。
なお、首皮膚を引っ張り、喉頭を固定傾向に押しやるため、構音関連筋には良くない操作となってしまいます。
その結果、残念ながら、他者への聞こえとしての音声そのものは劇的には良くなりませんが、聴力豊かな被験者には、改善の感得および解釈ができるようです。
つまり、美声の感覚を養うことができるのです。
それではご覧ください。(声質の小さな変化に耳を傾注してください)







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記:さまざまなご意見をいただきますが、やはり耳を鍛えてください。ほんの繊細な音色の違いを聞き分ける耳がなければ超エリート級の発声能力獲得は難しいと感じます。「どうしたらいいですか?」と頻繁に聞かれますので、簡単な方法をご教示させていただきます。お試しください。
e0146240_1043221.jpg

①同じクラシックの曲を異なる指揮者 (交響楽団) で聴き比べる
【 例 】
ⅰヘルベルト・フォン・カラヤンとカール・ベームで比べる。共に得意とするモーツァルト交響曲第41番やブラームス交響曲第1番2番あたりがお薦めでしょうか!?
ⅱ同じ演奏家による同じ曲を、グラモフォンとデッカの録音で比較してみる。
私は、この①ⅰⅱを、中学の時にやっていました・・・

②同じCDを異なるオーディオ機器で聞き分ける
【 例 】
ⅰスピーカーをタンノイ:ウエストミンスター・ロイヤルとB&W:800Dで、その他の機材は同一にして比べる。
ⅱプリアンプをマークレビンソン:No326Sとエステティクス:カリスト・エクリプスで、その他の機材は同一にして比べる。
これは面白そうです!

③違うメーカーの楽器で同じ音を奏でて聴いてみる
【 例 】
ⅰグランドピアノのスタインウェイA-188とベーゼンドルファーM185の単音を何度も何度も聴き比べる。
ⅱ手作りグラス (バカラやロブマイヤーなど) のふちを軽く叩いて音の微細な違いを聞き分ける。 《理由:まったく同じグラスでも、作った職人によって微妙に厚みや形が異なるため、音にわずかな変化が生まれます!》 《薀蓄:バカラは酸化鉛を含んでいますが、ロブマイヤーは鉛を含まないカリ・クリスタルです。音の質感の違いを聞き分けてみましょう!》

ここに記載したのは極上品ばかりです。もちろん手軽なものでも結構ですが、本物の音を極めるなら至高の逸品を聴きましょう。CDは入手可能ですし、ハイファイオーディオや高級楽器は各専門店にありますから、頼みこんで視聴や試奏させてもらいましょう。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-28 01:08