音痴の歌には気をつけよう!


Past Article Reorganization

時々、お笑い芸人が音痴を競い合っている番組があります。
私も楽しく拝聴していますが、少しだけ注意しなければなりません。
それは、長く聞いていると、不良音程やリズム狂いが身に付いてしまう可能性があるからです。
強靭かつ普遍な音感体質のひとは大丈夫でしょうが、案外、そのような御仁は少ない。

自分自身では歌が上手いと思っていない知人数名の協力を得て実験をしました。〔音痴と言うほどではありません〕
まず、得意とする歌を歌ってもらいます。
そして、同じ歌を、故意に音痴状態で歌っている他者の録音をじっくり聞かせます。
その直後、その歌を歌ってもらいます。
すると多くは、「なんだか歌えなくなってしまった」「あれ、さっきより難しくなったよ」「高音が苦しくなった」と感想を述べ、途中で歌うのをやめてしまうひともいました。
私は某レコード会社のオーディション審査員を務めたこともあり、ある程度は音を細かく聴きわける力には長けていると自負しています。
音痴の歌を聞く前と後では、明らかに音程やリズムが変化していました。
また、その時の喉頭と呼吸の変化も見逃しませんでした。
主だった特徴を列記します。

1回目の歌に比べ・・・
●高音が1~2度落ちた
●高音発声が喉詰めになった
●肩甲舌骨筋が過緊張に陥った
●甲状軟骨が深奥ポジションとなった
●声がかすれた
●途中で声がひっくり返った
●ビブラートでなくトレモロに変化した
●息の流れが減った(ブレスが短くなった)
●胸郭を狭くし呼吸効率を悪くした
●姿勢が悪くなった
●歌に心が入らなくなった
●落ち着きが無くなった(オドオドしていた)

これらの変化を一つだけ呈したケースもあれば、複数もありました。
他人の歌に影響を受けやすいひとは十分に注意してくださいね。

e0146240_3463253.jpg






追記1:グレシャムの法則に 「悪貨は良貨を駆逐する」 とありますが、歌にも当てはまるようですね。



追記2:胎教には、素晴らしい音楽が大切であることも頷(うなず)けますね。もし、赤ちゃんに音痴の歌や下手な音楽を聞かせ続けていたら・・・、その子は音楽の才能に花咲かせなくなるかもしれません。



追記3:人間味あふれ心を揺さぶる個性的な歌とは? 正しい音程とリズムを獲得した後に、自己流に崩したものが 『個性』 です。音痴の歌と個性的な歌を間違わないでくださいね



追記4:脳および耳に器質的疾患がある方を除き、まず耳 【聞こえ】 を鍛えなければ治せません。音に含まれるすべての要素 (強弱、音程、音色、それらの変化の度合いなど) を常に感得してください。そして、その音を基として、あなた自身が音を作り出さなければなりません。そう、歌は、身体を用いた芸術的表現の一つなのです。ここに音痴改善の答えがあります!



追記5:追加実験をしました。前述の実験の続きです。2回目の歌で惨憺たる歌唱になったひとに、ボイスケアを施しました。その後に3回目を歌ったところ、1回目と同じ程度に戻っていました。何もしないで(前述の対策を講じないで)3回目を歌うよりも、歌が上手くなったように感じました。歌った本人達も同様の意見でした。



追記6:歌が上手くなるには? 美声になるには? 喉頭の物理的および身体的な部分はボイスケアサロンに任せていただき、その他に敢行していただきたいのは、①良い声・素晴らしい演奏・素敵な歌をたくさん聴く、②再表現のための訓練(発声練習、ボイストレーニング、リズム体操、正しい呼吸法、イメージトレーニングなど)、③音楽以外にも絵画や旅行や読書など感性を高める、を推奨します。

e0146240_11392989.jpg

by aida-voice | 2016-02-04 14:28