滑舌講座 2


滑舌向上に関して重要な筋肉をもう一つ。
それは茎突舌筋です。
字の如く茎状突起(前面)から舌(外側および下部)に走行しています。
想像してください。
茎状突起から舌へ行くとするならば、舌に近づくにしたがって地面に対し平行に近いことが!
この筋肉がTightな状態では、舌本体が奥に引っ張り込まれ、滑らかな舌運動は難しくなるはずですね。
そう茎突舌筋をしなやかにしてください。
舌の可動範囲が広くなり、細かい運動も可能になるため、滑舌が良くなるのです。
実際、滑舌の良いTV局アナウンサー(ニュースキャスター)を調べてみると、茎突舌筋の柔軟性が素晴らしいのです。
さらに歌を歌う時の構音もスムーズになり音楽能力もアップすることでしょう。(特に日本語を使用する曲:J-POP、歌謡曲、演歌、民謡、長唄など)
e0146240_9545924.jpg


ストレッチの方法
いずれ 『喉体操』 などの講習会でお伝えします。
かなり効果的です。
ご期待ください。



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:どうしても教えて欲しいとの要望をたくさんいただきましたので・・・、ちょっとだけ。45度開口状態で下顎骨を前方スライドさせ、それを保持したまま舌尖を突き出してください。注意点は、①ゆっくり行うこと、②最大限しっかり突き出すこと、③地面に対して水平に行うこと。また、茎突舌筋は舌を引き込む作用と舌の形を凹ませる作用があります。しがって舌を突き出したとき同時に舌の形を上が凸になるようにするとなお効果的です。ただし難しい作業ですし、正しく行わなければ意味がありません。かなりの運動能力または繰り返しの正確なトレーニングが必要かも。この点をご注意ください。さあ、どんどん滑舌を良くしてね!




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-14 14:23