ボイスケアサロン声専用キャンディ 効く人 効かない人


声帯は、主にタンパク質から成る筋肉と、コラーゲン線維から成る粘膜に大別できます。
とくに声帯粘膜の水分含有率が低下すると、声帯振動が阻害され、自由な発声が困難になります。
そこで粘膜表面にヒアルロン酸溶液を与えると、単純に水より振動しやすいことがわかりました。
どうすれば声帯にヒアルロン酸溶液を送り込めば良いのか?

考えに考えたあげくの答えが『飴』にして徐々に浸潤させる方法でした。
食品のオーラル用ヒアルロン酸溶液は、咽頭から梨状陥凹を通り食道に行ってしまい、内喉頭には届きにくいのです。
超音波吸入器で送り込むこともしましたが、これでは手軽さに欠けます。
そしてキャンディになったのです。
適切な含有量を割り出し、溶けるタイミングと舐め終わるまでのタイムがポイントです。
試作品は最高級食品用ヒアルロン酸だけで製作しましたが、最終作品には、喉に良い花梨の生エキスと、粘膜を強化するビタミンCを豊富に入れました。
これだけの素晴らしい声用キャンディに仕上げられたのは、岩井製菓の岩井さんのご尽力あってのことです。(岩井さんに心より感謝申し上げます)

さて、ボイスケア声専用キャンディは、多くの方にご好評をいただいております。
「声が出しやすい」「声帯が潤う」「声帯がキチンと合わさるような気がする」「発声が楽になった」「喉の渇きが収まった」「声量がUPした」「滑舌が良くなった」「歌が上手くなった」「高音が軽く出た」「低音の支えができた」「 喉が疲れなくなった」「喉の異物感が減った」「咽(むせ)がおさまる」「呼吸がスムーズになる」「ムズムズ感が減少した」「風邪が早く治った」「喘息(ぜんそく)の症状が緩和した」「ピアニシモで高音をうまく歌えるようになる」「かすれが減った」「声を出すのが苦痛じゃなくなった」「脳梗塞後の嚥下障害だが、ボイスケアサロン声専用キャンディをなめた後は飲み込みが楽になった!」「言葉を咬まなくなった」などの多くのご意見をもらいました。
約90%の方々に何らかの良い効果をもたらしているようです。
しかし、残念ながら、約10%の人が「わからない」「効果がまったくない」と感じています。
それでは効く人と効かない人との違いはどこからくるのでしょうか?
正確には判明しておらず推測の域を出ませんが、ボイスケア声専用キャンディが効かない人には以下の理由が考えられます。

①声帯粘膜の表面が硬化している人
ヒアルロン酸が粘膜に浸透しないため
②重度の声帯萎縮(声帯溝症)に罹患している人
声門間隙が開いているため声帯が湿潤しても嗄声がおさまらないため
なお、軽症の方には効果抜群のようです!
③機能性音声障害の方
痙攣性発声障害の方は、後輪状披裂筋が主に痙攣硬直し、主訴が「詰まる」ため、粘膜振動率を向上させても思ったほど発声が楽にならないため
しかしながら音声振戦症の患者様には「何となく震えが収まるような気がする・・・」と効果を感じる人が少なからずいます
また、過緊張性発声障害には五分五分で、「素晴らしく良く効く」とおっしゃる方と「よくわからない」とおっしゃる方が混在します
④梨状陥凹の空間が狭い人
ヒアルロン酸溶液が声帯まで到達しにくいため
⑤喉頭蓋の可動バランスが悪い人
水溶液嚥下がうまくいかないため
レントゲン写真および喉頭ファイバーなどの検査で、喉頭蓋の大きさと存在角度(位置)が関与していると思われます
⑥飲み込みが早すぎる人
内喉頭に入る前に食道に入ってしまうため
⑦その他
まだまだ細かい理由があるでしょう・・・

これらが約10%の数値として存在します。
さらなる改良(ヒアルロン酸の高精製化、含有率最適化、その他の声に良い添加物質など)を目指し、より多くの方々に満足いただけるよう頑張っていきます。
ご期待ください!

e0146240_5283077.jpg


《ボイスケアサロン声専用キャンディは薬やサプリメントではなく食品(飴)です》


ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-07-14 05:21