声優の喉


当サロンには声優さんも多く来ています。
アニメやTVナレーションで有名な大御所から、声優養成所に通いながらプロを夢見て頑張っている若人まで。
また、声のさらに良くする目的の方から、声帯結節の手術を8回も受け、これ以上は手術できなくなったため当サロンで根本治療(体質改善)を目指して通院している方までさまざまです。
声優に求められる声はどのようなものでしょう。
コンセプトやメソッドは各声優学校に任せるとして、ここでは喉頭医学に関し簡単にお伝えしたいと思います。
声優は、歌と異なり声の直球勝負を強いられます。
つまり、歌はリズムや音楽性である程度の誤魔化しが効きますが、声オンリーの仕事はそうは行きません。
また、俳優の場合は顔や役柄が最優先されるため、声の重要性は多少薄れます。
そう、声の“質”や“良さ”が問われます。
活躍している声優の喉を多く診て検査してきました。
重要な項目を列挙してみましょう。(各項目の詳しい内容は個人個人異なるため当サロンで直接お伝えします)
①喉頭周辺筋に柔軟性があること
②上喉頭動脈の血流が豊富であること
③舌骨後端がフリーであること
④声帯粘膜がしなやかなこと
これらをクリアすると、声を自在に使いこなすことができます。
もちろん①~③によってスタミナもUPします。(声優にとって声のスタミナは必須です。特にアニメや海外ドラマなど連続モノで、収録のたびに声が変化してしまうと、すぐに不調や下手さが分かってしまいますよ。これではプロとは言えませんね・・・)
④は発声者にも聴衆にもストレスのない極上の ≪美声≫ を引き出します。(④の獲得にはボイスケアサロン声専用キャンディが最も有効でしょう!)
重要なことは『声の引き出し』を作ることです。
操作性と共鳴性との兼ね合いがポイントですね。
ほんの一声で感動させることができます。
そんな声をゲットし、発声テクニックと共にさらに声を磨いてください。
あなたの声を待っているファンのためにも・・・
e0146240_1435870.jpg






ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-05-10 14:35