バリトンとカウンターテナーの関係


優秀なバリトン歌手の喉頭は、甲状軟骨の大きいさも必要ですが、動きが良くなければなりません。
甲状軟骨と頚椎のポジションの関係が重要な意味を持ちます。
上角辺りが大きく張り出しているタイプでは、梨状陥凹や喉頭室の共鳴腔が小さくなりがちです。
せっかくの楽器を使い切らないでは勿体無い・・・
そんなバリトン歌手が多く居るのも事実です。

さて、私はウンターテナーの喉頭を数多く触ってきました。
喉の中でいったい何が起こっているのか?
様々な角度から調べました。
今回は、声帯粘膜振動と声帯筋運動のバランス率に関しては割愛し、甲状軟骨の特徴のみお伝えします。
カウンターテナーの多くは、バリトン歌手とまちがえるほど立派な甲状軟骨を持っています。
しかし、一点だけ異なります。
それは、甲状軟骨の厚みです!
丁寧に喉頭周辺を弛緩させ、甲状軟骨を反転させ、厚さを測ります。
カウンターテナーを得意とする歌手は、ほとんど甲状軟骨翼が薄いのです!
車のエンジンで例えるなら、排気量は大きいが軽い素材で作られた超高級レーシングマシンに相当します。
それゆえ、可動性能に優れ、どのような音域にも対応できるのでしょう。
これは、持って生まれた特質ゆえ、後天的には変えることができません。
やはり、選ばれた方々なのですね。
ブラボー!
e0146240_13552944.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-04-28 13:56