喉頭の活動性を高めよう!


現在、歌手・俳優・声優・ナレーターなど声のプロおよびプロ志望で・・・
喉や声には問題ないが・・・
トップクラスのエリートを目指したい人、誰よりも声を良くしたい人・・・
必ず喉頭の活動性を高めてください。
そう、あなたの声はあなただけのものでなく、聴いていただく皆さまのためでもあります。
心にしみこむ声、魂を揺さぶる声・・・
発声は筋肉運動が基礎にあります。

e0146240_183157.jpg



運動に対する身体能力を蔑ろ(ないがしろ)にしているプロ野球選手やJリーガーがいるでしょうか?
喉頭の軟部組織はインナーマッスルなので、自律筋でありながら自分でコントロールすることができません。
深部筋感覚を養うことも大切ですね。
それらを可能にする施設は全国でもボイスケアサロンだけです。
最初に、必ず、自分の正確な喉頭状態や声能力を知ってください。
当サロンでは、初検時に、會田の緻密な触診検査はもちろん、喉頭筋硬度計・専用オシロスコープ・ビデオ撮影による喉頭筋活動性などの各種検査を行っています。
自分の楽器と現状を認知すれば、改善方法が明確になり、さらなる活躍が見えてきます!




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-04-11 15:07